別居に至る経緯、別居を子供に伝える

別居を子供たちに伝える時

別居が決まって、旦那が住むマンションも借りて、自宅を出て行く日にちも決まって、あとは子供たちに伝えるだけです。

これが親として一番辛い所です。

妻は、子供たちももう分かる年なんだから、普通にパパとママは別居すると伝えればいいじゃない?と言いますが、小学生の娘はショックで絶対に泣きます。それは出来れば見たくありません。出て行くのも辛くなります。十分辛いですが・・・

パパが家を出る理由を考えますが、やはり仕事絡みが一番自然かなと。結局親に話した事と、同じ事を話しました。

まずは息子に。「おれの仕事が忙しくなって、朝早くから夜中まで仕事しなくちゃならないから、夜中に車で帰ると近所迷惑だし、なら仕事場の近くにマンションを借りて、そこから通う事にしたから。週末には家に帰れると思うけど、平日はおれが居ないから家の事をママに任せ切りにしないで、お前も手伝えよ」みたいな事を言いました。息子は何となく気づくんじゃないかと思いますが。

そして娘へ。息子に言った事と同じような事を言って、最後に「ママもパパが居ないと、犬の世話が増えるし、忙しくなるから、自分の事は自分でやって、宿題も言われる前に自分でやるんだよ」と言うと、「何だかもう会えなくなるみたい」と目を潤ませて来ました。

その顔を見ると胸が引き裂かれそうで、こっちまで泣きたくなります。。。

そして自分の部屋に戻って、ボストンバックに服やら身の回りの物を詰め込みました。自分の胸の奥底に冷たい風が吹くような、何とも言えない感情が猛烈に襲って来ました。

↑ PAGE TOP