別居に至る経緯、別居はマンション

ついに別居へ

ついに別居することになってしまいました。決まってからネットで別居した夫婦はどうなるのか?色々調べてみましたが、大多数はそのまま離婚か別居が長く続くかで、復縁しましたと言うのはあまり見かけませんでした。。。

別居するにはアパートを探さないといけませんが、普通に考えれば一人で住めればいいので、ワンルームか1DKあれば十分です。ただこの時は、「このまま別れるかもしれない」と言う気持ちも半分位ありました。もしかしたら離婚して再婚する事もあり得るかも?と考えて、2DK~2LDKの賃貸を探しました。

田舎なので平家の一軒家もあり、アパート、マンション含め5箇所位物件を見ましたが、結局1LDKのマンションを借りました。一人なら十分広く、二人でも住める広さです。自宅から車で10分ほどの所です。不動産屋に行って探し始めてから、1週間で契約しました。不動産屋には「セカンドハウス的な使い方をします」とか何とか適当な事を言ってました。。。

契約の際、保証人が必要なのですが、実家の親に連絡して、「仕事が忙しくなって、夜中に帰宅する事が増えるので、近所や家族に迷惑かからならいように、部屋を借りるから保証人になってくれ」と言いました・・・苦しい言い訳です。この時は別居の事は親には話しませんでした。まだ誰にも話していません。

部屋も決まり、最後にもう一度妻と話しました。自宅で話すと感情的になるので、この日も外のファミレスで話しました。他の客に聞かれそうで、若干小さめの声で話してました・・・

マンションを借りたので来週出て行くと伝えました。そして別居したら家に帰れる日はあるのか?、子供たちに会えるのか?、連休に家族で旅行には行けるのか?などなど。

基本は日曜日に家に帰って1泊して月曜の朝に出て行く、旅行はOK、たまの外食もOK、別居の期間はマンションの賃貸契約が2年なので、一応2年としました。その後どうするか考えると・・・

そして肝心なことは、子供たちにはどうやって伝えるか?です。妻は、「普通に別居するからと言えばいいんじゃない?」と言いますが、高校生の息子はよくても、小学生の娘は絶対泣くんじゃないかと。娘の泣くところは見たくないので、「何か理由を考える」と言いました。

最後に妻が、「あと一つ言いたい事があるけど、ここじゃ言えないんだよね」と言って来ました。

まだダメ出しがあるのか?と、とっさに言ってしまって、妻の顔色が変わったのですが、「すいませんね。こんな言い方しか出来なくて」と嫌みを残してその場を別れました・・・

↑ PAGE TOP