別居に至る経緯、旦那が嫌い

不満爆発から1年、旦那は変われたのか?

あれからちょうど1年経ちました。キレない、車を運転していて眠くなったら休憩する、他にもありますが、自分なりに1年間キレずに過ごして来たと思います。

キレないと言うか、怒らない、イライラする気持ちを持たない、イライラしそうになったらその瞬間に自分の中からその気持ちを排除する、と言った気の持ちようで過ごして来ました。

1年経ったので、妻におれは変わったのか?確かめてみました。

すると、「確かにキレる事もなくなって、頑張ったと思うけど、以前のようには戻れない」、と言って来ました・・・

そして、さらなる不満と言うか、ダメ出しと言うか・・言われました。

・趣味や車が優先で自己中が強い

・何でも妻に聞く、はっきりしない優柔不断

・卑屈になる、いじける

・男らしくない

・相手の気持ちを考えない

まあこれでもかとばかりに言われました。

さらに「これは絶対言ってはいけない事だけど、もう離婚覚悟で全部言うけど」

「あなたは一家の大黒柱ではない」

「なんでも妻まかせ、自分で判断しない、確かに仕事してお金は稼いでくるけど、父親はどんと構えて頼れる存在ではないのか?あなたにはそれが無い」

「自分の実家の両親には優しくて気を使うけど、我が家には関心がない、あなたはそっち方の人間なのよ」

と言われました。。。

「あなたは一家の大黒柱ではない」この言葉はグサっと胸に突き刺さりました。と言うよりぶっとい丸太で胸を貫通された気分です。ショックで全身が固まって放心状態です。どうすれば良いのか何も頭に浮かびません。

1年間、多少なりともキレずにやってきて(当たり前の事ですが)少しは認めてもらえるかと期待していましたが、そんな期待も叶わず。。

旦那を好きと言う気持ちはもうないのか?と聞いたら、「今は無い」と言われました。

さらに、「あなたから離婚すると言われたら、離婚するのも仕方ない」と離婚も覚悟の上のようです。

ではどうすれば良いか?自分が変わるしか無いと思いました。自分が変わって一家の大黒柱に相応しい人間になれば良いのか?そうすれば以前のように戻れるのか?性生活も戻るのか?と聞いたら、「そうなってみないと分らない」と・・・

もう一家の大黒柱ではない、と言われた時点で、妻に対する自分への自信が全くなくなりました。なにしろダメな旦那、どうしようもない旦那、もう妻から愛される事もないのかと思うと、40年以上の人生の中で一番落ち込んだ瞬間でした。

↑ PAGE TOP