別居から復縁に向けた体験談、別居中の結婚記念日

別居中の結婚記念日

別居から9ヶ月。前回の話し合いから2ヶ月が過ぎました。やはり変化はなく、旦那は日々仕事して、休日は趣味にあてていました。週一で家に帰れば、旦那は妻の顔色を伺ってばかりです。

そんな状態で結婚記念日が来ました。結婚20年です。節目の時ですが、状況が状況なのでお祝いをする訳でもなく、お互い何もリアクションをしないまま、結婚記念日は過ぎて行きました。

ただ、その2週間後に旦那の誕生日があります。誕生日は子供からの祝福もあるので、家族で集まってお祝いしてもらいました。

誕生日を祝ってもらいますが、心底喜べない心情です。別居中はすべてにおいて、そんな心情でした。

そして食事も終わり、泊まる日ではなかったのでマンションに帰ろうとすると、妻から「ちょと待って」と引き止められました。

何事?と思うと、包みを出してきて、「はい、プレゼント」とプレゼントをくれました。

まさかもらえるとは思っていなかったので、かなりビックリしながら、ありがとうと受け取りました。

そして、マンションに帰ってから包みを開けてみると、そこにはネクタイと手紙と小さな包みが入っていました。小さな包みには妻の結婚指輪が・・・

手紙を読んで見ると、「今後どうするかは、あなたに任せます。決まったら、このネクタイをして来てください。指輪はそれまで預けます。」と書いてありました。

これは妻が与えてくれた最後のチャンスなのか、それとも離婚を覚悟したと言う意味なのか、その両方だと思います。そして背中を押してくれたのだろうと。

それまで結論を出せずに居ましたが、やはり元の家族に戻りたい気持ちは変わりません。自分が変わる覚悟を決めました。それまでも別居してから、違う自分になれないかと色々な本を読んだり、発声練習をしたり、料理を覚えようととしたり・・・

しかしそう言う事ではなくて、今後妻と家族と一緒にやっていく覚悟が足りなかったのかと思います。手紙をもらってから10日後、別居から9ヶ月と11日、最後の話し合いをする事になりました。

↑ PAGE TOP