もし別居から離婚していたら。慰謝料、養育費は?

慰謝料、養育費はどうする?

もし離婚していたら慰謝料や養育費はどうしていたでしょうか?

前項の生活費で書いた事と重複しますが、妻の生活費も含めて養育費はきちんと支払うつもりでした。子供たちには妻が必要なため、子供のために妻の生活費も含め、養育費は支払っていたでしょう。環境が変わらないように自宅も渡すつもりでした。

ただ、離婚に至る経緯として、暴力や浮気が理由ではないので、慰謝料を支払う義務はないと考えます。ただ慰謝料に関しては、双方の言い分があり、明らかに暴力や浮気などで精神的な苦痛を与えたとなれば相応の慰謝料を請求できますが、性格の不一致などで慰謝料を請求するのは困難になります。

たいがい双方に少なからず原因があり、どちらか一方のみ責任があるとは言えないのが実情のようです。ただ慰謝料と言う名目ではなく、和解金とか解決金とか、または財産分与などで、慰謝料の要素を含めた金額を請求する事も出来ます。

慰謝料や養育費は、当初は妻と旦那の双方で話し合い決定しますが、それで決まらなければ、家庭裁判所の調停で話し合います。それでも決まらなければ地方裁判所の判決で決まる事になります。

もし慰謝料や養育費の事で、妻や旦那と話し合うなら、事前に専門家にアドバイスを受けて話し合う事をお勧めします。専門家に相談した方が、よりスムーズに確実に話しを進める事が出来ます。


日本法規情報の離婚相談サポートです。相談案内窓口は無料。土日も可能、相談だけでもOKです。
細かい要望を聞き、1000事務所・3000人の中から離婚問題や夫婦間トラブルに強い、法律相談出来る専門家を無料で紹介してくれます。

 

また、もし浮気や不倫の疑いがあるなら、浮気調査で証拠を取っておきましょう。証拠があることで、その後の慰謝料の請求や話し合いがこちらに有利に働くことは間違いありません。裁判になったとしても決定的な証拠となります。

仮に浮気調査や不倫調査をして、その事実が相手になければ、元の円満な家庭に戻れるかもしれません。日々悩んで精神的に疲労するよりも、ハッキリとさせた方が自分や子供のためになるのではないでしょうか。


ISM調査事務所です。調査員は探偵学校で尾行・撮影術・法律・法令順守・守秘義務の徹底教育を受けた専門家が対応してくれます。24時間365日、無料相談・無料見積もり受付が可能で、全国対応しています。相談したからと言って、強引な勧誘は一切ありません。
また、料金は明瞭会計で、調査後に追加料金が発生する事もありません。調停や裁判に対するアドバイスなどアフターフォローも充実しています。

↑ PAGE TOP